がん保険

「がん」と診断された際やがんで入院された時などに、安心してがんと闘うために必要な経済的備えとなる保険です。

医療の進歩に対応して保障内容が充実した「がん保険」をご提案いたします。

選ぶポイント

「保険期間で種類別するなら、定期 or 終身」

「定期型」
一定期間だけ保障するもので、10年で満了になる保険商品がほとんどです。保険料は高齢になればなるほど高額となります。

「終身型」
保険料は加入した時のまま変わらずに、一生涯の保障を得ることができます。一般の定期型の保険料と比較すると、やや高めの設定となっています。
ガン保険に加入する際にまず迷われるのが定期にするか終身にするかだと思います。ここでポイントになるのが「がん」の特性についてです。がんは誰もが発症する可能性があり、年齢を重ねるほど発症率は高くなるということです。
言い換えれば「がん」に対する保険がいらない時期というものはなく、さらに年を重ねるほどにそれは重要だということです。 ですので、がん保険を選ばれる際には終身のがん保険を選ばれることをオススメします。

「がん診断給付金の受け取れる回数について」

がんと診断された場合に支払われる給付金のことです。がんの種類によっては給付金の額が違うこともありますが、はじめてがんと診断された場合に、診断一時金として給付金が支払われます。
保険商品によって、1回のみ給付される保険商品と、複数回給付金(前回のがんが完治後一定期間が経過が条件)を受け取ることが出来る商品もあります。複数 回給付金が受け取ることの出来る商品のほうが、保険料は割高ですがより安心です。1回で受け取る給付金額は通常100万円〜300万円程度。

「すべてのがんが保障対象になっているか?」

がんは『悪性新生物』といいます。保険商品によっては『上皮内新生物』になった場合も保障される保険もありますが、保障が『悪性新生物』に比べて小さくなったり、保障されない場合もあります。保険料と保障内容を 確認のうえ、判断下さい。

「退院給付金・通院給付金が出るか」

がんの場合、退院後の通院治療期間も長くなりがちです。保障内容に通院時の保障や退院給付金などの保障内容も要チェックです。

 


生活イベントから選ぶ保険

就職や結婚・出産、定年退職などのライフイベントに応じて、
どのような保険が必要かをご提案させていただきます。
ご自分に合った保険を見直してみてください。

主なイベント

 

お問合せ

お電話をご希望の方
鹿児島店:099-255-2015 / 枕崎店:0993-72-5372
種子島店:0997-23-0098

※「ホームページを見て」とお伝え頂ければスムーズです。

メールをご希望の方

 

個人のお客様

東京海上日動

東京海上日動あんしん生命

Aflac

Metfile メットライフ生命

オリックス生命

モバイルからの
アクセス
polaris-web.jp

作成年月:2018年5月 18-T01641