自動車保険

自動車保険は、自動車を利用することで発生し得る損害を補償する損害保険のことです。

お客さま一人ひとりのライフスタイルやお車の使い方などに合わせたプランをご提案いたします。

自動車保険選びのポイント

自動車保険の役割は“巨大経済リスク”の補償

保険と一口に言っても、生命保険、医療保険、火災保険や自動車保険をはじめとした損害保険など、さまざまなものがあります。中でも自動車保険などの損害保険が対象とするのは、家計では到底対処しきれないような大きな経済リスク。場合によっては数千万円、数億円規模の損害が生じることさえあります。自動車を運転している限り、こうしたリスクを完全に回避することは不可能。だからこそ保険料というコストを負担してでも、備えておくことが大切なのです。

自動車保険というと、とかく自動車保険の「おトク感」に目が行ってしまいがちですが、まずはこうした大きな経済的リスクを補償する手段であるとの認識を持ち、イザというときにしっかり役立つように、定期的な見直しで契約条件を整えておくことがとても大切です。たとえば、年齢条件が現実の利用状況と合致していなかったり、運転者を限定したまま見直しをしなかったりしては、そもそもイザというとき、保険金を受け取ることができず、いざというときに大変な経済的リスクを抱えることになってしまいます。

こうした経済的なリスクを回避するための自動車保険だからこそ、お任せしたままや、掛けっぱなしはとても危険なのです。

イザという時、きちんと使いこなすための選び方は?

自動車保険は現在、基本的な補償にプラスすることができる、さまざまな特約やサービスがあり、目移りしてしまうかもしれません。また、チェックしなければならない項目がたくさんありすぎて、逆にお任せとなってしまうケースもよくあるのではないでしょうか。

ただ、イザというとき自動車保険をきちんと効率よく使いこなすには、やはり利用する本人がきちんとその内容を理解していなくてはなりません。たくさんのサービスや特約がついていて、どのような事故でもある程度のメリットがありそうであっても、使いこなせなければ“宝の持ち腐れ”です。それになにしろ、特約や有料サービスをたくさんつけることによって、その分負担する保険料も重くなるわけです。

自動車保険をよく知るプロで、内容をつぶさに理解している場合はともかく、ほとんどの人はあるかどうかはわからない“イザというとき”に限り保険を利用するにとどまります。よって、できるだけ契約内容をシンプルにしておくことは、イザというときにとっても、現在の家計にとっても理に適うことだといえるでしょう。

基本的な補償にプラスする特約などは、いざというときのために本当に備えたほうがいいかどうか、できる限り吟味することをおすすめします。

 

 


生活イベントから選ぶ保険

就職や結婚・出産、定年退職などのライフイベントに応じて、
どのような保険が必要かをご提案させていただきます。
ご自分に合った保険を見直してみてください。

主なイベント

 

お問合せ

お電話をご希望の方
鹿児島店:099-255-2015 / 枕崎店:0993-72-5372
種子島店:0997-23-0098

※「ホームページを見て」とお伝え頂ければスムーズです。

メールをご希望の方

 

個人のお客様

東京海上日動

東京海上日動あんしん生命

Aflac

Metfile メットライフ生命

オリックス生命

モバイルからの
アクセス
polaris-web.jp

作成年月:2018年5月 18-T01641