住宅購入

住宅購入は、ライフイベントの中でも人生最大級と言われています。賢くリスクに備えましょう。

住宅購入は、ライフイベントの中でも人生最大級と言われています。
一方、それに伴う負担も増大します。あらゆる角度から、賢くリスクに備えましょう。

マイホームを守るのはあなた自身

いよいよ念願のマイホームをゲット!わくわくする気持ちの一方、マイホームを持つからこそ気にかけなくてはならないこともあります。
昨今では、温暖化の影響から自然災害による被害が増えています。また、わが国は世界有数の地震大国。自然災害は、自分の力では避けようのない恐ろしいものです。
ケガや死亡といった人にかかわる損害には、ある程度の公的なセーフティネットがあります。ところが、マイホームといった個人財産についての公的なセーフティーネットは、被災者生活再建支援法による最高300万円の支援金が中心となります。つまり、自然災害からマイホームを守らなくてはならないのは、あなた自身ということなのです。

わが家の災害リスクを見極めて

こうした現実の中で、火災保険の重要性は極めて高いものです。あなたの火災保険が、困った時にきちんと役立つようにしておかなければなりません。火災保険では、火災や風災などの自然災害による損害のほか、盗難、水濡れ、破損などの日常災害による損害でも補償をうけられます。さらに、「地震保険」に加入していれば、地震等による損害の補償をうけられるのです。
あなたの保険はどんな時に役立ちますか?内容をきちんと把握していますか?いわば非常用グッズである「火災保険」。非常時に思うように役立つよう、平時にしっかりと確認をしておきましょう。

ローン手続き。火災保険、どうする?

住宅ローンの手続きをする時には、いろいろな手続きをします。その中に、火災保険が含まれていることがあり、ここで初めて火災保険について検討する方も多いようです。
このとき、地震保険の加入をするかどうかも、迷うものですね。
地震災害がいつ、どのような規模で起きるかは、いまだ正確に予測ができず、被害総額も予想できません。そのため地震保険の補償にはいくつかの制限が設けられています。たとえば、保険金額の上限額は火災保険の半分まで。それでも、地震保険料は火災保険と別途必要となるため、契約をためらってしまうケースもあるかもしれません。

家計防衛策の一つとしての「地震保険」

ただ、地震保険のほかに、地震に対する補償がほぼないのも現実なのです。被災によりマイホームを失ったにもかかわらず、大きな負債が残るといった事態は避けなければなりません。こうした中で、住宅再建には充分でないにせよ、生活再建資金として使えるお金がある程度確保できていることは、それ以降の生活再建上、とても重要なことなのです。
住宅ローンの負債額が大きく、不測の事態による家計破たんが想定されるなら、家計防衛策として、地震保険を利用するのも1つの方法ですね。

■被害罹災時の経済的リスクは?
高リスク傾向 状況 低リスク傾向
持家 住まい 賃貸
多い 住宅ローン残高 少ない
少ない 貯蓄残高 多い
なし 転居先 あり(知人や親せき他)

 

 


お問合せ

お電話をご希望の方
鹿児島店:099-255-2015 / 枕崎店:0993-72-5372
※「ホームページを見て」とお伝え頂ければスムーズです。

メールをご希望の方

 

生活イベント

東京海上日動

東京海上日動あんしん生命

Aflac

Metfile メットライフ生命

オリックス生命

モバイルからの
アクセス
polaris-web.jp

作成年月:2018年5月 18-T01641