ご就職

まずは、病気やケガに備える保険など、身近なところから、リスクとそれに必要な補償(保障)を考えましょう。

未成年又は学生の時は、多くの場合、親が子供のために保険に加入することがほとんどですが、一社会人ともなると自分の保障は、自分で加入するのが原則です。
まずは、病気やケガに備える保険など、身近なところから、リスクとそれに必要な補償(保障)を考えましょう。
また、若いうちに加入することで、月々の保険料負担が軽い保険もあります。

 

親が自分名義で保険をかけてくれている

ご両親が将来のことを考えて、自分名義で保険をかけてくれていることが多々あります。その場合、貯蓄の変わりに『養老保険』に加入してくれているケースが多いようです。

保険期間が決まっている『養老保険』は、特約も含めてすべて満期になると保障が終了となります。

「将来の貯蓄もできるから・・・」と必要な保障を考えず放置していると、思いがけず健康上の理由などで保険に加入できなくなることがあり、いざと言う時に家族を守ることができない状況に陥る危険性があります。

保険未加入

今まで保険に興味がなく、未加入状態の方は結構多いのではないでしょうか。

「健康だから、丈夫だから、保険に入らなくても大丈夫!」と考えていると、とんでもないことになります。

病気やけがで入院して家族に負担をかけることになります。大切な家族を守るために早急に判断した方がよいでしょう。

アドバイス

【具体策】

◇自分が死亡した時のことを考え、結婚をして家族が増えた時も想定して「死亡保障」を確保

◇自分のための治療を目的とした保険(入院保険・がん保険・三大疾病対策など)

◇年金・貯蓄保険等、将来のためにスタート

これらを優先順位をつけて検討していきます。

高額死亡保障について

 
死亡保険とは、自分に万一のことがあった場合に、経済的に困る人がいる場合に入る保険です。ということは、困る人(扶養家族)がいなければ大きな死亡保障はそれほど必要ではありません。現時点で養っている家族がいないのであれば、新社会人が準備するべき死亡保障は、自分の葬式代程度(200〜350万円)で十分、ということになります。むしろ新社会人に必要なのは『医療保障』です。
一人暮らしでケガや病気で入院した場合、かかるのは医療費ばかりではありません。家賃や必要最低限の光熱費等、生活する上でのコストも考えなければいけないのです。
しかも、入院中は仕事ができず、収入がゼロになる可能性もあります。
新社会人が保険を考える上で最優先されるのは、ケガや病気のリスクに備えた『医療保障』となります。

医療保障を考えるPOINT

 
収入が多いとは言えない新社会人。
医療保障は、入院日額5000円〜7000円を確保し、保険料が安い若いうちに加入というメリットを活かすために、保険料が一生変わらない『終身型』の医療保険を選ぶのがいいようです。

 


お問合せ

お電話をご希望の方
鹿児島店:099-255-2015 / 枕崎店:0993-72-5372
※「ホームページを見て」とお伝え頂ければスムーズです。

メールをご希望の方

 

生活イベント

東京海上日動

東京海上日動あんしん生命

Aflac

Metfile メットライフ生命

オリックス生命

モバイルからの
アクセス
polaris-web.jp

作成年月:2018年5月 18-T01641